ジェルネイルのデメリット

はがれにくく水仕事などでも大丈夫。
発色やツヤが良くにおいがしない、長持ちするなどと、メリットがたくさんあるジェルネイル。
ですが、デメリットもあり、トラブルなどの話も聞きます。
メリットだけをみて始めるのではなく、デメリットもしっかりと把握しておこなうようにしましょう。

まず、ジェルネイルに挙げられるデメリットですが、長持ちするといったメリットがあるもののそれだけ落とすのが大変。
マニキュアはリムーバーで簡単にオフできますが、ジェルネイルの場合では専用リムーバーもしくはガリガリと削って落とすなど…何かと気を遣う落とし方。
爪が弱い人にはジェル用リムーバーが刺激になったり、アレルギーが出てしまう可能性も。

健康な爪の人も、削ることで爪が薄くなってしまうといった心配があります。
また、ジェルを固める為に必須の硬化用ライトが健康に影響を与える可能性もありますし、ジェルが水あめ状なので扱いにくい…といったこともデメリットとなっています。

ジェルネイルのトラブルの原因は?

ジェルネイルをやり続けて、爪が折れやすくなったり、緑色になってしまった、よれよれに柔らかくなってしまった…なんてトラブル話が聞かれます。
これは、体質的なものも関係しているかもしれませんが、なかにはやり方が間違っているから引き起こしてしまったケースもあり、その場合は正しいやり方をすることで改善されることもあります。

まず、爪が折れやすくなってしまった場合では、もしかしたらオフのやり方が間違っているのかもしれません。
無理やり剥がすなど、無理な力でオフしようとしてしまうのは絶対に避けなければいけません。

また、爪が緑色になってしまうのは、グリーンネイルと呼ばれる状態。
これは、緑膿菌と呼ばれる菌が爪に繁殖して起こります。
白爪とジェルの間に水分がたまってしまい、そこに細菌が繁殖してしまうのです。
これを治すには、皮膚科での治療が必須となります。

そして、爪がよれよれに柔らかくなってしまった…などといった場合では、繰り返しジェルネイルをおこなっていて、失敗も何回かしている。
爪を何度か傷つけているとこうなります。日常生活に支障が出る場合もあるので、爪に適度な休息期間をつくり、爪へのダメージを減らすようにしなければいけません。

こうした事以外にも、化学物質でてきるジェルが肌の弱い人にとっては毒となることもあります。
アレルギーの原因となったりすることもあるので、かゆみや赤みなどの症状がみられたら、すぐにその使用を中止するようにしましょう。